日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の興味深い話を日本語で。どすこいがお送りします。

海外旅行にウェットティッシュを持っていくのを超絶オススメする4つの理由

今回は海外旅行に行く時に、意外とみんな持っていかない“ウェットティッシュ”について語りたいと思います。

脂ぎった手でスマホを使うなんてありえない!みたいな人には特に参考になる話かもしれません。

 

 

 

 

過小評価されてるウェットティッシュの利便性

 

みなさんは海外旅行に行く時に、ウェットティッシュを持っていきますか?

女性だと化粧とかもするし、海外旅行に持っていく人は結構多いかもしれません。

でも男性は、海外旅行にウェットティッシュを持っていく人ってあんまりいないと思うんですよね。

少なくとも僕はそんな人に出会った事がないです。

 

昔ヨーロッパに行った時に、1週間の旅行なのに炊飯器を持ってきてる人に出会ったんですが、そんな用意周到な人でもウェットティッシュは持ってませんでした。

以前の記事で「便利なものは体験してみないとわからない」と書きましたが、ウェットティッシュもそうなのかもしれません。

・・という事で早速、4つのメリットを順番に紹介したいと思います。

 

メリットその1、ハンドソープがないトイレで大活躍

日本の綺麗なトイレ

こういう綺麗なトイレ、海外には滅多にありません。


最近の日本の公衆トイレは、手を洗うところにハンドソープがある事が多いですよね。でも海外はまだまだ置いてない所が多いんです。
手が特段汚れてないときは最悪ハンドソープなしでもいいですが、食後とかに手が油でベタベタの時はできればハンドソープで手を洗いたいところ。

そんな時、ウェットティッシュが役にたつんですよ。


水でできるだけ油を落とした後、ハンドソープの代わりにウェットティッシュで残った油を拭き取ります。

どんなウェットティッシュを使うかにもよりますが、それだけでかなり油を落とせます。

だからもう手が汚れるのを気にして、恐る恐るピザとかナンとか食べる必要ないんですよ。豪快に食べてOK。ウェットティッシュ最高!

手で食べるチーズたっぷりのピザ

こういうの食べると手が汚れるんですよね・・

メリットその2、飛行機の機内に持ち込める

 

ここ数年LCCがめちゃくちゃ人気ですよね。安いしネット上で簡単に予約できるし、僕も最近はLCCに乗る機会が多いです。

でもLCCは荷物を預けると追加料金がかかってしまうんですよね。せっかく値段が安いのがウリのLCCなのに、追加料金を払って荷物を預けてしまったらLCCに乗る意味がない。

そんな事情があるので、LCCは荷物を全て機内に持ち込む人が多いです。でも最近の飛行機って液体の機内持ち込みがかなり厳しいんですよ。

 

液体物の持ち込みについて(国際線) | 成田国際空港


めちゃくちゃ厳しいですよね。基本的に液体は少量しか持ち込めません。

なので、持ち運び用のハンドソープとかカバンに入れたまま飛行機に乗ろうとすると、持ち物検査に引っかかる可能性があるんです。

その点、ウェットティッシュは水分を含んでいるものの液体ではないので、何枚持ってても機内に持ち込めます。

機内で飲み物を豪快にこぼしてしまった!と言う時でもウェットティッシュがあれば大丈夫。
少なくとも普通のティッシュよりはきれいに拭くことが出来るでしょう。

 

メリットその3、スマホを綺麗に拭くことができる


油がギットギトのインドのナンを食べた後、トイレにハンドソープがなくて、油ぎった手のままスマホを触る・・。
海外旅行だと、そんなこともありますよね。

旅行2日目の夜にもなると、ホテルの机の上で充電中のあなたのスマホは、コロッケ並みに脂ぎってると思います。

そんな時にウェットティッシュがあれば、脂ぎったスマホをきれいに拭くことができます。(ウェットティッシュを持ってるんなら脂ぎった手でスマホを触る事自体がないのかもしれませんが)

 

最近は水洗い出来るスマホも増えてますが、スマホにハンドソープとか付けて洗うのってちょっと怖くないですか?特にiPhoneは完全防水じゃないし。

やっぱりiPhoneをきれいにするのはウェットティッシュが最適だと思います。

 

メリットその4、みんなの人気者になれる


冒頭で「男性はウェットティッシュを持ってくる人が少ない」と書きました。

それはつまり、男ばかりのグループで海外旅行に行く場合、ウェットティッシュを持っていけば「油汚れを除去できる唯一の人間」になれる可能性があるって事です。


例えば食事中にグループの中の誰かが、ハンバーガーのソースがズボンの上にこぼれた!と言って騒ぎ始めたとしますよね。

 

そしたらクールな感じで

「俺ウェットティッシュ持ってるから使いなよ」

 そう言って一枚手渡す。


そうするだけで、みんなの頭の中に「あいつは一緒に海外に行ったら頼りになるヤツ」みたいなイメージが出来上がります。

「あいつ旅慣れてる!」って思う人もいるかもしれません。

 

たった一枚のウェットティッシュで、ここまでみんなに有り難がられるってすごいと思いませんか?

やっぱりウェットティッシュは最高ですよ。

 

 

どのウェットティッシュがいい?

 

どうでしたか?海外旅行でのウェットティッシュのメリット、理解してもらえたでしょうか?

こんな記事を書いてしまうぐらいウェットティッシュを愛用している僕ですが、最後にお勧めのウェットティッシュを紹介したいと思います。

 

今までにいろんなメーカーのものを使ってみたんですが、海外旅行でハンドソープ代わりに使うものとしては、やっぱり「キレイキレイ」のアルコール入りが最強です。

 

メッシュ素材で使いやすいんですよ〜。ハンドソープで有名な商品だし。僕はこれ一択ですね。

 

キレイキレイ 除菌ウェットシート アルコールタイプ 30枚×3個パック

新品価格
¥589から
(2018/2/4 21:49時点)

以上、海外旅行にはウェットティッシュ持っていった方がいいよ!っていう話でした。

 

海外旅行で役に立つ記事まだまだあります。

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com