日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の気になる話題を日本語で。どすこいがお送りします。

北朝鮮のウェブサイトがいろいろおかしい

突然ですが、北朝鮮のウェブサイトのURLは最後何で終わるか知ってますか?

日本はjp、中国はcn、オーストラリアはauですね。北朝鮮はnkか何かかなと思うでしょう?違います。正解は「kp」です。PはPeople's RepublicのPだとか。

 

今回はそんな北朝鮮のウェブサイトの話です。後半では北朝鮮サイトの日本語版の独特な日本語の魅力も紹介します。

 

目次

 

※当サイトには北朝鮮に関連する記事が11あります。

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com 

 

 

北朝鮮の航空会社のウェブサイト

 

北朝鮮国民は今だにインターネットが使えません。使えるのは国内のイントラネットのみ。じゃあ海外からアクセスできるウェブサイトなんかないだろうと思いますよね?なぜかあるんです。

まずは世界最悪の航空会社と言われる高麗航空のウェブサイトを見てみましょう。

 

http://www.airkoryo.com.kp

 

見た感じは一昔前のウェブサイトといった印象。朝鮮語の他に英語版と中国語版があり、一応海外からのアクセスも考えているようです。

「時刻表」と書いてあるのでどれぐらい本数があるのか見てみると・・

高麗航空の本数

本数一本もなし!まさかの開店休業状態?北朝鮮唯一の航空会社が本数ゼロだったらどこにも行けないじゃないか・・。

いや、さすがにおかしいです。飛行機を予約するという所があったので、途中まで進んでみました。

高麗航空の予約画面

平壌からは中国の北京と瀋陽、あとロシアのウラジオストクに飛んでいるようですね。当たり前ですが近隣では一番大きいハブ空港のソウル仁川や、東京大阪への便はありません。

試しに北京を選んでみると・・? 

北京までの本数

ちゃんと週5便飛んでました。首都の空港のメイン路線が週5本って信じられない本数ですが、北朝鮮国民は基本外国に行けない事を考えると週5本でも多いぐらいかもしれません。

値段は片道1720元(30000円ぐらい)で、思ったより安い・・かな?

 

北朝鮮のウェブは独特な日本語の宝庫だった

 

ちなみに高麗航空のウェブサイトは英語、中国語、朝鮮語しかなかったですが、北朝鮮にはいくつか日本語に対応してるサイトがあるんです。

この北朝鮮サイトの日本語が、よくある「海外で出会ったおかしな日本語」とは全く違う、独特な表現の宝庫なんですよ。

 

まずはこちらのスクリーンショットを見てください。ナエナラ(私の国という意味)というニュースサイトの日本語版です。

http://www.naenara.com.kp/ja/

 

ナエナラ

これはトランプ大統領が北朝鮮に対して言った挑発的な発言に対する怒りの文章です。

「極悪な犯罪の代価を百倍、千倍に支払わせるであろう!」 こんな日本語見たことありますか?海外でよく見かけるおかしな日本語とは一線を画してますよね。

 

まずこのスクリーンショットの文章を一通り読んでもらうと分かるんですが、危なっかしいところも一部あるものの、文法的には概ね合ってるんですよ。(内容がおかしいので非常に読みにくいですがw)

相当日本語を勉強した人物が書いてると思われます。

 

続いて朝鮮中央通信の日本語版です。丸で囲んでるところを見てください

http://kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf;jsessionid=1F4AAC43DBA0FD28D1320617A8854D67

朝鮮中央通信の日本語版

 

老いぼれ狂人トランプw

 

僕の経験が不足してるのかもしれませんが、今まで生まれてこのかた「老いぼれ狂人」という言葉に出会った事がありません。

しかも日本語としてはちゃんと成り立ってるし、彼らが言いたい事もちゃんと表現出来てるんですよ。これがよくある「海外で出会った変な日本語」とは一線を画している点なんですよね。

 

日本語としておかしいと言うよりは、すごい表現をしようとし過ぎて、空回りしてる感じなんですよ。言ってる事わかりますかね?

しかもなんか、全体的に「弱そう」なんですよね。乱暴な言葉使いなのに弱そう。負け犬の遠吠えにしか聞こえない。コントみたいになってしまってます。

 

北朝鮮サイトの日本語の魅力について語り出したら止まらないのでこのへんにしときます。

ちなみに朝鮮中央通信では、ワシントンの国の中枢の人々の事は「ワシントンごろつき」。アメリカの事は「アメリカ帝国」。

アメリカ人の事は「インディアンを皆殺しにしてその墓の上に毒キノコのように育ったアメリカ食人種」と表現しています。参考までに。

 

変わった語彙を増やすのにもってこいな北朝鮮のウェブサイト。たまにのぞいてみて下さいね。 

以上、北朝鮮のウェブサイトの話題でした。

 

【続編】北朝鮮サイトでさらなるすごい表現に遭遇しました。

www.nihongodedozo.com

 

 

 

※北朝鮮の独特な日本語を集めたbotを作りました。あなたのTwitterのタイムラインに一日2回ぐらいおかしな空気が流れるようになりますw

こんな記事もあります

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

 

ツイッターやってます。更新情報など。