日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の興味深い話を日本語で。どすこいがお送りします。

欧米人はアジア人をどうやって見分ける?日本人のイメージとは

今回は欧米の人はアジア人をどうやって見分けるのか?という話。

 

 

 

 

顔だけで国籍を当てるのって難しい

 

まずひとつ結論を言うと、欧米の人が顔だけで日本人か中国人か見分けるのはほぼ100%不可能です。アジア人である僕らでも難しいですもんね。


僕アジアに興味津々なので、街でアジアからの観光客とすれ違うと無意識に何人か考えてしまうんですが、やはり100%当てるのは難しいです。

中国人かなと思ったら韓国語を話しだしたり、韓国人かなぁと思ったら普通に日本人だったり・・。

アジア人がたくさん訪れる観光地の様子

アジアの縮図みたいになってる大阪・道頓堀の様子。

先日シンガポール英語の記事で紹介したこの動画に出てきた女の人も、日本ですれ違ったら絶対日本人だと思うでしょう。

youtu.be

特に欧米人がアジア系を見分けるのは難しい

 

ただ完全に見分ける事は無理でも、僕らアジア人はある程度日本人ぽい顔、韓国人ぽい顔などは分かりますよね。
特にその人が日本人なのかそうじゃないのかと言うのは、日本人である僕らは世界一高い確率で当てられると思います。

 

でもアジア人の顔を見る回数が僕らより遥かに少ない欧米人には、日本人ぽさや中国人ぽさというのを理解するのはやはり難しいよう。

それどころか東南アジアと東アジアを見分ける事すら難しいようで、昔ヨーロッパを旅していた時に、スイス人にドヤ顔でこんな事を言われたことがあります。

 

「僕は他のヨーロッパ人とは違って、顔を見るだけでその人が東南アジア人なのか東アジア人なのか分かるんだ」

 

え?それもわからないのw と言いたいところですが、まぁそんなもんなんでしょう。

タイ人やベトナム人の中にも中国人と見分けがつかないような人もいますからね。特にベトナム人は中華系の顔をした人も多いです。

 

じゃあ彼らは顔以外のどんな様子を見て、目の前のアジア人が日本人なのか中国人なのか見分けるのでしょうか?

中華圏のメディアでこんな記事が話題になっていました。

oops.udn.com

欧米人にはアジア系の旅行者はみんな日本人に見える?


「欧米の人が、この人は日本人だ!と思うのはどんな時?」と言う趣旨の記事。

台湾人や中国人がヨーロッパ等に個人で旅行に行くと、なぜか現地の人に「日本人ですか?」って言われることが多いそうなんです。

 

不思議ですよね。日本がアジアの中で圧倒的に経済が強かった時代ならまだ分からなくもないですが、今はもう2018年ですからねぇ・・

記事ではこんな声が紹介されています

 

「この前ヨーロッパに旅行に行ったんだけど、なぜか何度も日本人と間違えられた。わたし肌が白くて目が小さめなんだけど、それが原因かな?」

「西洋人は背の低いアジア人の女性を見ると日本人かな?って思うみたい」

「この前シドニーに行った時に、地元の人にどこからきたの?と聞かれたので、北京から来たと言ったらめちゃくちゃ驚いてた。最近の北京の若い人はそんなファッションするのか?、いや、君本当は日本人なんじゃないのか?って何度も聞かれた」

 

東アジアで圧倒的に人口が多いのは中国なのに、何故かみんなの口から出てくるのは「日本人」と言う言葉。なぜなんでしょうか? 

日本の経済が強かった頃の名残

 

今の問題だらけの日本を見ていると想像もつかないですが、昔の日本は本当に凄かったんです。
特にバブルの時はヨーロッパを旅行する日本人は非常に多かったようで、アジア人旅行者=日本人だったようです。


その神がかっていた頃の日本の印象が強く残っている人がまだ多くいるようで、その人達にとっては未だに東アジアと言えば日本なんですね。

彼らの頭の中では、いまだに日本以外のアジアの国はすべて発展途上国というイメージなのかもしれません。

海外の華僑の人は比較的地味な人が多い?

 

記事によるとヨーロッパの華僑の人は比較的地味な人が多く、日本人女性のような「ばっちりメイクにかわいい服装」と言うのは珍しいようです。

なので現地の人にとって中国人というのは、今だに地味なイメージなんですね。だから地味じゃないアジアの人を見ると、日本人なのかな?って思ってしまうみたいです。

中国人は団体で旅行しているイメージが強い

 

ヨーロッパに限らず、日本でも中国人は団体で旅行してるイメージが強いですよね。

 

だからアジアの顔をした人が個人で旅行をしてるっていうだけで「中国人じゃない=日本人」だと判断されやすいようです。
しかも中国人の身なりが良くなってきたのはここ数年の話なので、中国人がオシャレな格好で個人旅行をしていると、行く先々で非常に驚かれるんだとか。

 

「先進国・中国」のイメージが浸透するにはまだ時間がかかりそうですね。

 

最近は韓国人と間違えられることも

 

日本ではあまりきかなくなった韓流ブームですが、海外ではいまだにブームが続いている国があります。
その影響で「東アジアにはどうやら日本以外にも、韓国と言うおしゃれな人がたくさんいる国があるらしい」というのを知る人が増えているようです。

 

その結果、最近では「韓国人?」と言われる事も多々あるとか。

すごいですね〜。国の戦略が大当たりしてるじゃないですか。日本の政府ももっと外国に目を向けて欲しいものです。 

日本人女性がしない3つの事とは?

 

最後に日本在住の台湾人ユーチューバー、Maoさんの「日本人女性がしない3つの事」という動画を紹介して終わります。(一応日本語字幕あります)

台湾人目線の日本女性の解説が面白いです。特に3つめが確かに!って思いました。観てみてください。

youtu.be

 

以上、欧米人はアジア人をどう見分けるのか?っていう話でした。

 

 

<スポンサーリンク >