日本語でどうぞ

外国や語学、関西の興味ぶかい話を日本語で。新しい価値観に出会えるブログです。

シンガポールのYoutuber動画が英語学習にピッタリだと思う理由

マーライオン

今回はシンガポールのYoutuber動画が意外と英語学習にちょうどいい!っていう話。


これまで語学系の記事はほとんど極端な話だったと思うんですが、今回もまあまあ極端な話です。

もう題名の時点で「は?」ってなってる人もいるかもしれません。まぁちょっと聞いてください。説明しますから。

 

※この記事は前置きが長いです。すぐに動画見たい方は「Wah!Banana!」まで飛んでください。

 

 


英語をやる「目的」を作るって難しい

 

よく英語の学習方法の話になった時に「英語を習得する一番いい方法はネイティブの恋人を作る事だ」って言いますよね。

 

これって「いい方法」なだけじゃなくて、英語を学ぶ「いい目的」にもなってると思うんですよ。しかも人間の三大欲求のひとつ「性欲」まで絡んでる。←これ重要

 

英語はツールなので、使う目的がないと学習も止まってしまうんですよね。「世界共通語だから」「なんかカッコいいから」っていう理由だけでは絶対続きません。

でも英語ネイティブの恋人を作るのって難しいです。誰にでもできる事ではないです。(男性は特にハードルが高い)リア充っていいなぁ〜。

英語圏のエンタメを好きになる

 

じゃあ非リア充はどうすればいいのか?英語学習を効率よくやるのはリア充にしか出来ない特権なのか?

 

いや、まだ方法があります。英語圏のどこかの国のエンタメを好きになる事です。

映画とかドラマ、あと最近はYoutuberも人気です。日本で人気のものはほとんどアメリカのエンタメですよね。

 

でもここにも問題があります。アメリカのメジャーな映画とかドラマってだいたい日本語版があるんですよ。

もちろん日本語版があるものを英語で観るのも学習法としてはいいと思います。でもそれって英語をやる「目的」にはならないですよね?あくまで「方法」。だからやめてしまう。

アメリカの女性に興味を持てない?

 

あと男性の場合はもう一つ問題があります。アメリカのエンタメは、上で述べた「性欲を絡ませる」のが難しいんですよ。

日本人男性って白人や黒人の女性に興味ない人多くないですか?

 

見た目は日本人女性に似てれば似てるほどいい。ってか日本人女性がいい。そんな人が多いように思います。

昔よく「アヴリル・ラヴィーン超カワイイ!」とか言ってたのも、だいたい男じゃなくて女性でしたよね。

そりゃあ英語習得への意欲なんか高まらないですよ。

 

上でも述べたように、語学は性欲を絡ませた方が絶対いいんですよ。三大欲求を舐めちゃいけません。

そんな英語と絶望的に相性の悪い皆さんに、僕からオススメしたいものがあります。

 

シンガポールのYoutuberの動画です。

 

シンガポールのビル群

シンガポールのYoutuber達が話す英語とは

 

「シンガポールってめちゃくちゃ訛った英語が話されている国だよね?そんな英語ずっと聴いてたら訛った英語が身についちゃうでしょ!バカじゃないの!?」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

確かにシンガポールには「シングリッシュ」と呼ばれるかなり独特な英語が存在しています。
人によって訛り具合は異なるんですが、究極に鈍ってる人は中国語やマレー語の影響が入りすぎて、もはや別言語みたいになってる人もいます。

シンガポールのYoutuber達も例に漏れずかなり訛った英語を話します。

 

普通はそんな特殊な英語を学習に使ったりはしません。

 

でもこの前試しにシンガポールのYoutuberの動画を観たら、結構色々なメリットがある事に気がついたんです。説明しますね。 

メリットその1、使う単語が究極にシンプルで理解しやすい

 

よくアメリカ英語はイギリス英語に比べるとかなり簡略化されていて、難しい単語をあまり使わないと言われますが、シンガポール英語はそれのさらに上をいっています。

難しい単語が究極に少ないんです。だから中級ぐらいの人でもかなり理解しやすいと思います。

 

メリットその2、海外でよく出会う訛った英語への耐性がつく

 

ただ上でも書いたように、発音はかなり独特です。驚くほど訛ってます。


でも彼らもそれを分かってるようで、他の英語圏の人が観ても理解出来るように英語の字幕が入ってる動画が多いんですね。だからそれを見ればちゃんと理解できます。


あとシンガポールのYoutuber達が話す英語って、海外でよく出会う訛った英語そのものなんですよ。そう考えると彼らの英語は「変な英語」とは言い切れないんです。

 

国際語としての英語を習得したいのなら、シンガポール英語はむしろいい教材だと思いますよ。

 

メリットその3、アメリカよりも笑いのツボとか感覚が日本に近い(気がする)

 

これは好みの問題もあるので一概には言えません。

 

でもシンガポールのYouTuberの動画って、アメリカのYouTuberの動画に比べると、笑いのツボとかノリ的なものが日本のノリに若干近い気がするんです。

表情の感じとか、リアクションとかもそう。やはり同じアジア同士、共通するものがあるのかもしれません。

 

あとシンガポール人は中華系が多いので、見た目が日本人に近いです。上で述べた「性欲を絡める」のもハードルがかなり下がると思うんですよ。(少なくとも僕は下がりました)

 

それではシンガポールのYoutuberの動画を観てみましょう


だいぶ前置きが長くなりましたね。メリットの説明はこれぐらいにして実際に観てみましょう。

 

Wah! Banana 

まず初めに紹介するのはWah! Bananaという人達。コント的な動画をたくさんアップしている10人ぐらいのグループです。

 

彼女に別れようって言いたいけどなかなか難しい!っていう内容。動画の一番最後にえっ?ってなるようなオチもあります。

 

youtu.be

 

どうですか難しい単語一切ないでしょ?国際語ってこれぐらい単純であるべきだと思うんですよ。いや、まぁめっちゃ訛ってますけどね。

 

中盤あたりで彼氏が「別れる」っていう意味でBreakという単語を使うんですが

彼女はそれを「気分転換」みたいな意味でとって「そうそうBreakしたいのよ〜、どこ行く?韓国?モルディブ?」って言ってるのが可愛いです。

 

youtu.be

 

この動画もかなり面白いです。特に1:19〜の日本人の女子のモノマネ?みたいなの、かなりウケましたw

「イタダキマ〜ス」いいですね〜。

 

 

 

Jian Hao Tan

 

次はシンガポールで知らない人はいない!っていうぐらい人気のJian Hao Tanという人のチャンネル。

「あったら嬉しい9つの超能力」みたいな内容。最初に出てくる女性はJian Hao Tanのリアル彼女です。

 

youtu.be

 

中盤に出てくる犬が可愛すぎるw 最後のタイムマシーンの下りはJian Hao Tanの事をあまり知らない人には理解しずらいかもしれません。

彼の英語も比較的聞き取りやすいほうだと思います。

 

あとJian Hao Tanはこの動画もオススメ。Lizz ChloeというマレーシアのYoutuberがゲスト出演してます。

 

youtu.be

 

「男からの誘いをいい感じで断る8の方法」という動画。

電話番号聞かれたら逆に聞き返して逃げたり、わたし女が好きなの〜って言って逃げたり。めっちゃカワイイですw

アメリカじゃこうはいかないですよ。

 

Naomi Neo

youtu.be

 

この人もシンガポールで知らない人はいないっていうぐらい人気です。

 

この動画はファンからの質問にひとつひとつ答えていくというもの。

他の動画ではシンガポール訛りが強いのも多いんですが、これはかなり聞き取りやすいですね。

 

最近Naomi Neoは結婚&妊娠を発表しました。妊娠を発表した時の動画がこちら↓

youtu.be

 

「あ〜食べすぎた〜。」というジョークから始まるこの動画。

「妊娠したからって活動をやめようとは思ってない。むしろこれからが始まり」と言っているので、これからの活動も楽しみですね。  

Trevmonki

youtu.be

 

最後はTrevmonkiという人達のチャンネル。彼らもWah! Bananaと同じくグループでコント動画を作ってます。

内容は色々ですが、「シンガポール人あるある」みたいな動画は興味深いですね。

 

この動画なんかシュールで好きですw↓

youtu.be

 

「シンガポール人はエレベーターのボタンを早く押せば押すほど早く来ると思っている人が多い。でも実際は、一回普通に押せば普通に来るのである。」

 

こういう内容で笑わせてくる感じいいですね。アメリカでありがちな「大きな声で騒げばそれでいい」みたいなのとは真逆です。

【追記】アメリカにも内容で笑わせてくる感じのYoutuberいました。詳しくは↓の記事で。

www.nihongodedozo.com

シンガポールのYoutuber達に興味わきましたか?

 

また誰も共感しなささそうな記事書いちゃった気がするんですが、気のせいでしょうか?w

この記事をキッカケに英語の学習を再開する人が一人でもいれば嬉しいです。

 

以上、シンガポールの英語の話題でした。

 

こちらの記事も読まれてます。

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com