日本語でどうぞ

世界中の興味ぶかい話を日本語で。新しい価値観に出会えるブログです。 【Youtubeチャンネルもあるよ!】

人生の大半を「やりたくない仕事」に費やさないといけない理由

「人生は一度きりだから、やりたい事をするべき」

 

そういう話ってツイッターとかでよく見かけますよね。

 

人生は一度しかないのに、その大部分を「やりたくない仕事」に費やすなんてバカげてる。

どうせいつか死ぬんだったら、やりたい事を思いっきりやって死のうじゃないか!

そのためには起業を・・

 

カリスマ社長がよくこんな話をしますよね。例えばこういうの↓

やりたいことをやれ

新品価格
¥1,080から
(2018/12/28 11:45時点)

※ちなみにこの本めっちゃ為になります

 

前回の記事に続いて、またちょっとバカにした感じで書いてしまいましたが、この言葉自体は正論だと思います。

 

でも実際この言葉を真に受けて、本当にやりたい事で生活しようとすると、大半の“凡人”は苦しい生活を余儀なくされます。

「人生は一度きりだから、やりたい事をやるべき」は正論のはずなのに、なぜかそれを実際にやると社会からペナルティーを受けてしまう。

 

なぜそうなってしまうのか?これに関して思うところを書いていきます。

 

 

「人生は一度きり」なのは自分だけじゃない

 

当たり前のことなんですけど、「人生は一度きり」なのは自分だけじゃないんですよ。

 

今、地球上には70億を超える人が住んでます。つまり自分以外に70億以上の「一度きりの人生」が同時に進行してるわけですね。

その70億人が全員「やりたい事だけやって生きる!」って言い出したらどうなると思います?社会が崩壊してしまいます。

 

人は生きているだけで、いろんな問題が発生します。

何もせずボーッとしててもお腹は空いてくるし、だんだん身体は臭くなってくるし、トイレに行きたくもなります。

 

そんな70億人の人間が、明日からご飯を食べるだけ食べて、シャワーを浴びるだけ浴びて、トイレで用を足すだけ足して、あとはやりたい事だけやる!って言い出したらどうなりますか?

 

人類滅亡ですよww

 

「やりたい事をやるべき」はクソみたいな考えだった?

 

人類が今の社会を維持しようとする限り「やりたくない仕事」は必ず発生するので、誰かがそれをやらないとダメなんです。

つまり「人生は一度きりだから、やりたい事をやるべき」という言葉が意味する本当のところは

 

「みんな人生は一度きりだけど、オレの人生は特別だから、やりたくない仕事は誰かにやらせて、オレはやりたい事だけやるべき!

という、クソみたいな考えなんですよ。

 

もうジャイアンそのもの。自己中の極みです。

そりゃあ凡人がそんな考えで生きてたら、社会からペナルティーを食らいますよね。

 

よほど特別な能力がある人以外、そんなワガママは通らないですよ。

だから世の中のほとんどの人は毎日「やりたくないこと」をして生きてるんです。

人は社会と無関係ではいられない

 

今の話は少し大げさだったかもしれないですが

「人生は一度きりだから〜」の考え方の中に「社会のことなんて知らねえよ」という考えが含まれてるのは確かですよね。

 

生まれてから今まで、人は社会から多大な恩恵を受けてるんですが、あまり意識することがないので「知らねぇよ」と考えに至ってしまうんですね。

でも実際は、人って生まれた国や環境にものすごく影響を受けてるんです。

 

例えば

発展途上国

 

こんな感じの社会に生まれるのと

 

先進国

 

こんな感じの社会に生まれるのとでは、

同じ能力を持って生まれてきても、全然違う人間に育つのは言うまでもないですよね。

 

人はモノの考え方から、ちょっとした仕草、味覚にいたるまで、生まれた場所の影響を色濃く受けてるんですよ。

それはもう“洗脳”と言えるレベル。

 

外国人って日本人と比べて、なんだか様子が違いますよね?それは違う社会で育ったからです。

「自分」と「社会」って無関係じゃないんですよ。日本で育ったなら、あなたは骨の髄まで日本社会に洗脳されてます。

 

凡人は生まれた社会のルールから逃れる事もできないんですよ。

「やりたい事だけやる」ために必要なこと

 

という事で、僕を含めた世の中の大半を占める“凡人”は、自分が属してる社会のルールに粛々と従いながら、生きていかざるを得ません。

 

それを逸脱した人生をおくるには上に書いた

 

「みんな人生は一度きりだけど、オレの人生は特別だから、やりたくない仕事は誰かにやらせて、オレはやりたい事だけやるべき!」

 

というクソみたいなセリフを言っても、社会から歓迎されるようなレベルの能力がないとダメなんです。

運やコネで「やりたい事だけやる人生」を手に入れる人も中にはいますが、大半の凡人にはそんなおいしい話は回ってきません。

 

「やりたくない仕事」の中に少しでも面白さを見出して、明るい気持ちで生活する。

それが僕ら凡人のできる事じゃないでしょうか。

「やりたい事だけやる」のは本当に幸せ?

 

次回の記事で書く予定ですが、「やりたい事」ばっかりやるのも意外と結構しんどかったりします。

※書きました

www.nihongodedozo.com

 

ノドがカラッカラに乾いた時に飲む100円のミネラルウォーターが、感動するほど美味いように

人間ってある程度「苦しむ時間」がないと、幸せを本当に幸せと感じることもできないんですよ。

 

僕の言いたいことは以上です。

 

今回は人が仕事をする理由について書きましたが、「人が生まれてくる理由」に関しても、↓の記事に僕の思うところを書いてます。

www.nihongodedozo.com

人生が終わったあとの話も。

www.nihongodedozo.com