日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の興味深い話を日本語で。どすこいがお送りします。

「韓国人は英語うまい人多いよね」はウソ?韓国人の英語事情

今回は英語力の話になると時々耳にする「韓国人は英語がうまい」という話について書きます。

 

 

アジアで英語力が高い国と言えば・・

シンガポールを象徴する景色

アジアで英語力が高い国と言われればどこをイメージしますか?


まず断トツなのはシンガポールです。公用語が英語というだけじゃなくて実際に普段の生活で英語を話しています。かなり訛ってはいるものの彼らは「英語力が高い」ではなくて一応“ネイティブ”の範疇に入ります。

 

あともうひとつ、フィリピンもアジアの数少ない英語圏として有名です。


彼らは普段はタガログ語などの現地語を話していますが、ビジネスや教育の現場では英語を話す機会が多いようで、人によっては半分ネイティブみたいな人もいます。

セブ島は安価な語学留学先としても有名ですね。こういうのとか↓

東南アジアで「ネイティブな英語環境」と書いても問題ないのはたぶんフィリピンだけだと思います。(シンガポールは訛りすぎw)

なぜか根強くある「韓国人は英語がうまい」イメージ

韓国語がたくさん書かれた韓国の店

韓国は街中ハングルがいっぱい


じゃあシンガポールとフィリピン以外は?となった時に、ここで誰かがこんな事をいいます。

 

「韓国人も英語うまいイメージあるよね?」

 

このイメージ、誰が広めてるんでしょうか?少なくとも僕は日本で英語がペラペラな韓国人に会った事がありません。

いや、もちろん英語が流暢に話せる韓国人は一人もいないという訳ではないですよ。例えば韓国の大企業の本部が立ち並ぶのオフィス街等、エリートが集まる所に行けば英語がペラペラな韓国人なんてそこら中にいるでしょう。 

 

韓国人も実は英語は苦手

 

でもエリートではない、大多数を占めるごく一般の韓国人どうでしょうか?
オーストラリアに住んでいた頃、ものすごい数の韓国人に出会いましたが、彼らは総じて英語にボッコボコにされてました。

 

韓国語は日本語とほぼ同じ文法なので、彼らは日本人同様、英語の習得が非常に困難なんです。

英語で話すときはパズルのような語順の入れ替えが必要になるので、日本人の様になかなか言葉が出てこないし、語順以外の文法もほぼ日本語と同じなので、彼らは日本人と同じように英語の習得に苦戦していました。

 

あと聞き取りも日本人と同じぐらい苦戦していました。現地のラジオをずっと部屋の中で流してるんですが
「いつまでたっても聞き取れない!なぜ!なぜなんだ!」とよく頭を抱えていましたね。

でも発音は韓国人にアドバンテージがある

 

ただしひとつだけ、韓国人が日本人よりも英語学習で有利な点があります。発音です。

 

韓国語は日本語と共通点が多い言語ですが、発音に関しては日本語より遥かに複雑なんですね。日本語にはない子音だけの発音があったりとか。
なので日本人にとっては難しい発音も彼らは難なくできたりします。

(この発音のアドバンテージが誇張されて「英語が得意な韓国人」のイメージが出来上がったのかも?)

 

Zooが「じゅー」になったりoftenが「おぷん」になったり等、日本人の方が上手く発音できる場合もあるんですが、発音に関してはやっぱり韓国人が有利ですね。

英語と自分の国へのコンプレックスがすごい

韓国とその周辺の地図

韓国と周辺の国。韓国は確かに大きくはないが台湾よりはデカい。

これはたまたま僕が出会った韓国人がみんなそうだっただけかもしれないですが、韓国人は自分の国が小さいことにコンプレックスを持ってる人が多かったです。(僕は国の大きさは数ある魅力のうちのひとつでしかないと思うんですがね)


だから尚更、広い世界で通じる英語へのコンプレックスが激しかったように思います。

当時僕は英語と並行して韓国語も少し勉強してたんですが、何人かの韓国人に

 

「なんで韓国語なんか勉強するの?韓国語なんか話せたって韓国でしか使えないじゃないか。それよりも世界中で通じる英語をもっとやった方がいいよ」

 

ってアドバイス(?)されて、自分の母国語をそこまで言うのかとビックリした事があります。しかも何度も。

それぐらい深刻なコンプレックスを抱えてる人が何人もいたんです。

(もちろん韓国語を勉強してるのを喜んでくれる人もたくさんいましたよ。全員がこんな事言うわけじゃありません)

 

誰か韓国語を世界共通語にしてあげてください

色々な国の言葉で書かれた看板

これだけ英語の習得に苦しむ韓国人をたくさん見てきたので、「韓国人は英語うまいよね」という話を聞くとすごく違和感を感じてしまうんです。もはや皮肉のきいたブラックジョークにすら聞こえます。

 

ちなみになぜ韓国人がそんなに英語の習得に必死なのかというと、韓国は市場規模が小さいので、国内だけだと大きなビジネスが成り立たないんです。だから韓国の大企業は海外にどんどん進出しようとするんですね。

その際に英語のできる人材が必要になってくるので、英語のテストでいい点数を取ると就職に有利なんだとか。だから英語圏は今日もワーホリや留学で来た韓国人で溢れかえっています。

 

「韓国の市場規模」と「習得の難しい英語」に挟まれた韓国人達。いつか完全な自動翻訳機が出来て彼らの苦痛がなくなる事を願っています。

 関連記事まだまだあります。

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com