日本語でどうぞ

世界中の興味ぶかい話を日本語で。新しい価値観に出会えるブログです。 【Youtubeチャンネルもあるよ!】

“いつか死ぬ”のは本当に恐いことなのか?

今回は、一種のタブーとも言える“いつか死ぬことに対する恐怖”について、僕が思うところを書いていきます。

 

結論から言うと「いつか死ぬという事実」は恐いですが、「死そのもの」は怖くないです。

なぜそう思うのか?

以下、できるだけソフトな表現で書いていきますが、寝る前に読み始めると眠れなくなるかもしれません。ご注意下さい。

 

「永遠に意識がない」のは本当に恐い事なのか?

不気味な空

 

人が死を恐れる理由は色々ありますが、その中でも、最も恐いのは「半永久的に意識がない状態になる」事でしょう。

 

生まれてからずっと五感を通して、“この世”の情報が大量に入ってくる環境で生きてたのに、それが急になくなってしまう。

しかも“半永久的に”です。

 

来世があるかもしれないので“半永久的”と書きましたが、死んだ時点で記憶は全てなくなるので
少なくとも「この世」から「今の自分の人格」が永遠に消え去るのは間違いありません。

 

「この世から消え去るってどんな感じだろう・・?完全なる無になるのかな・・」

 

そう思うのも無理はないですよね。僕も5才の時に人はいつか死ぬことを知って、かなり動揺しました。

僕らの意識は毎晩、この世からいなくなっている

 

でもよく考えてみて欲しいんですよ。

 

僕ら毎晩、結構長いあいだ意識失ってますよね?

 

もちろん「寝る」のと「死ぬ」のは違います。死んだ人は夢をみることはないだろうし、呼吸だってしません。身体もありません。

でも「この世を認識していない」という点では「寝る」も「死ぬ」も同じはずなんです。

 

特に夢をみない、深い睡眠(ノンレム睡眠)に入ってる時は「完全なる無」にかなり近い状態です。

五感もほぼ止まってるので、実質、自分の意識が“この世にいない”と言っても過言ではない。

しかもそれは数分とかではなくて、かなり長い時間、しかも毎晩です。

 

もちろん死ぬのとは違って“永遠”ではないですが、6〜8時間ってかなり長いですよね?

つまり身体はずっとこの世にあっても、僕らの意識は毎晩、この世から長い時間いなくなってるんですよ。

 

死ぬとその“長い時間”が“永遠”になる訳ですが、それって恐いことでしょうか?

寝てるときに「起きたい」と思う人はいない

寝てる犬

※寝てる犬です

 

今は意識がある状態なので「意識がない状態」を不気味に思うかもしれませんが、実際に寝てる時は、意識がない自分を“気持ち悪い”と思うことはないですよね。

 

「毎晩、寝てるときにヒマでヒマでしょうがなくて、起きたい衝動に駆られる!」なんて人はいないし、

「毎晩、寝るのが恐くてたまらない」という人も稀です。

 

むしろ「もっと寝てたい!」と思う人のほうが圧倒的に多いんじゃないでしょうか?

 

何度も言うように「寝る」のと「死ぬ」のは違いますが、少なくとも寝てるときには「起きたい!」と思うことはないわけです。

じゃあ死んでるときも「生きたい!」とは思わないんじゃないでしょうか?

 

それならずっと死んでても不都合はないですよね。「生きたい!」と思わないんですから。何も恐くないです。

つまり何が言いたいかと言うと・・

 

この話、かなり反対意見がありそうですが、僕が言いたいのは

 

「永遠に意識がなくなる」のを恐いと感じるのは、それを意識がある状態で考えてるからじゃないか?

意識があるのが普通という世界で、意識がない状態を想像すると恐いですが、実際に意識がなくなってみると、それが永遠に続くとしても何とも思わないはず。

 

だから“死”そのものが恐いんじゃなくて、そこに向かっていくのが恐いだけなんだ。

 

そんな話です。何言ってるか分かりますかね?w

まとめ

 

くどいですが、「寝る」のと「死ぬ」のは違います。だから「寝てる自分」から「死んだあとの自分」を想像するのは意味がないかもしれません。 

でも“死”というのは数少ない「現時点で確定してる未来」なので、タブー視するのは違うと思うんです。

 

老後のことは考えるのに、その先にある死は考えないなんておかしいですよ。

 

“いつか訪れる死”を意識することで、やる気が出たり、癒しになることだってあります。

みなさんも一度、“いつか訪れる死”について自分の考えを固めてみて下さい。

 

以前、死後の世界に対する考えも書いてます。もし良ければ。

www.nihongodedozo.com