日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の気になる話題を日本語で。どすこいがお送りします。

「いただきます」の本当の意味から考える食肉の話。

 

ローストビーフ

 

「いただきます」って、どういう意味が込められた言葉か知ってますか?

  

単に食べ物を美味しくいただきますっていうだけの言葉じゃないんです。答えは「尊い命をいただきます」つまり自分達がこの食事をするために失われてしまった、牛や鳥、魚などの命に、感謝の意を表す言葉なんですね。

 

 

 

個人的には人間が牛や豚を殺して食べる事自体は悪い事ではないと思っています。

生き物が生き物を殺して食べるのは、何も人間に限った事ではなく、地球のあちこちであらゆる生き物がやっている事ですから。

 

牛を使った食べ物

 

ただ人間が他の生き物と違うのは、「食べられるために生まれてくる生き物」すなわち家畜という存在を作り出してしまったという事。

 

もちろん家畜として飼われている動物は、自分がいつか殺される運命だなんて知りません。屠殺されるその時になって初めて「えっ?」となる訳です。

それにいつ襲われるか分からない自然界の生活とは違って、家畜小屋での生活はそういう心配もない(もちろん最後に人間に襲われる訳ですが)。

 

太らせた方が生産者にとって得になる場合は、エサも思う存分食べれます。自然界だとエサは自分で確保しないといけないですよね。

 

屠殺も動物たちが苦しまなくていいように、大規模な工場では一瞬で行われる事が多いようです。

電気ショックだったり、ピストルのようなもので頭を撃ったり。苦しみはほとんどないとのこと。(こればっかりは家畜自身に聞いて見ないと本当のところは分からないですけどね)

自然界だと生きたまま食べられたりなんてザラですよね。まだ生きているのに頭からガブッと食べ始められたり。捕まえた方は食べられる側の気持ちなんて考えないでしょう。

 

 

 

そう考えると、人間の為に一定の数の動物を殺す事を避けられない(人工肉が普及してない)今の状態だと、この「家畜」というシステムは動物の苦しみを最小限に留めるシステムのようにも思えます。(まともな飼育が行われている事が前提ですが)

 

人間からすると残虐に見えるけど、動物からすれば「ずっとペットのように何不自由なく生活してて、ある日急に意識を失った。」これだけですもんね。

 

ただ苦しみは最小限に抑えられても、まだ人間が家畜として生まれた動物から完全に奪ってるものがあります。「生き延びるチャンス」です

 

自然界では獲物を捕らえる方法や自らを守る術を習得する事で、生き延びるチャンスを得る事ができます。それが自然の摂理ですよね。しかし家畜にはそのチャンスがありません。生まれた時から殺される事が決まっています。

 

ーーー

 

で、一体何が言いたいのかと言うと、最初の話に戻るんですが「いただきます」っていう言葉には、そんな食肉工場で命を失った動物の「命を頂きます」っていう意味が込められてる。それは忘れちゃダメだなっていう事です。

 

これだけテクノロジーが発達した現在でも、人間は相変わらず生き物を食べているんですよ。

以上、いただきますからの食肉の話でした。