日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の気になる話題を日本語で。どすこいがお送りします。

北朝鮮在住の外国人が撮った平壌の日常生活がすごい!

f:id:Nihongode-dozo:20170618155559p:plain

 

戦争、弾道ミサイル、核開発、アメリカのトランプ大統領との舌戦・・。

危ないイメージしかない北朝鮮ですが、そこに住んでいる一般人はどんな生活をしてるんでしょうか? 

 

今回は北朝鮮在住の写真家・Jaka Parkerさんが撮った、平壌の日常生活の動画を紹介します。

 

 

 

目次

 

北朝鮮は今だに旅行者が個人で行動する事が許されてません。

 

だから旅行に行っても、なかなかリアルな北朝鮮の一般人の生活を見る事はできないんですね。(しかも旅費が異様に高くつく)

 

しかし在住者であるJaka Parkerさんは、自由に移動する事がある程度許されている様で、自分で車を運転して平壌各地で北朝鮮の一般人の日常を撮り続けています。

 

今回はその中でもオススメのを6つ選びました。英語の説明文が所々でてくるので日本語に訳して紹介します。

記事の最後に現時点で最も簡単に北朝鮮に近づく方法とかも紹介してるので、興味ある人は見ていってくださいね。

 

※当サイトには北朝鮮に関する記事が11あります。

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

北朝鮮のDVD屋さんの様子

 
Buy DVD in Pyongyang - North Korea

 

「平壌でDVDを買う」という動画。なかなか見れない平壌のDVD屋さんが見れます。

 

店に着くまでの道のりも少し収録されているのですが、その何気ない普通の日常風景がすでにかなり貴重。生の北朝鮮人がたくさん。

101匹わんちゃんやくまのプーさん、アラジン、トム&ジェリー等が売られていて、意外と外国のアニメも観れる事が分かります。

 

DVD屋さんとは思えない地味な外観が味わい深いですね〜。

しかもなぜか店の人に言わないと商品を手にとって見る事ができない謎仕様。治安が悪いんでしょうか?

 

DVD屋に限らず、本屋とかお菓子屋さん等、北朝鮮にはこういうスタイルの売店が多数存在しているようです。

 

北朝鮮の渋滞

 

www.youtube.com

 

「北朝鮮の渋滞」という動画。

 

一瞬ソウルのどこかかと思うのですが、広告のない地味な街並みですぐに平壌だと分かります。

でも車がこうしてたくさん走っていると、普通の国のように見えて来るから不思議です。広告のないロシアっていう感じかな?

 

実際に北朝鮮に行った人も「北朝鮮は意外と普通の社会主義の国だった」って言う人が結構いるんですが、この動画を観てるとその言葉の意味も分かる気がします(社会主義自体が普通がどうかはともかく)

街全体に異様な雰囲気が漂ってる・・っていう感じではないですよね。

 

でも車が急激に増えている平壌とは違って、地方では未だに一般人の移動は自転車か徒歩がメインのようで、同じ国の中でもかなりの格差があるみたいです。

 

地方の様子は以前この記事↓で紹介しましたね。

www.nihongodedozo.com

 

 

平壌の再開発エリア「未来科学者通り」をドライブ

 

youtu.be

 

最近平壌の中心部に金正恩肝いりの再開発エリア「未来科学者通り」がオープンしたんですが、その再開発エリアを端から端までドライブする動画です。

 

街の名前どおり、このエリアの高層マンション群にはミサイルや核実験に携わる科学者が住んでいると言われてます。

街の入口には検問所があって、許可を得た車しか入れないようになっているようですね。どおりで車が少ないわけです。

 

Jaka parkerさんはこの街に出来た、北朝鮮では珍しいイタリアンピザの店に行きたかったようです。

 

それにしても、首都の都心の再開発エリアの高層ビル群がオフィスビルではなくて核開発の関係者が生活する高層マンション、というのも北朝鮮らしくて素敵ですw

 

このマンションは無償で国から提供されるそうです。もちろん優秀じゃないと住めないですが。

 

北朝鮮の百貨店

 

youtu.be

 

北朝鮮の百貨店の様子。

 

まず入ってすぐに子供を遊ばせる所(預けておく所?)が出てきます。そこの壁に描かれている絵が微妙に北朝鮮タッチで、いい味出してます。

北朝鮮以外の国だったら、ここにはポケモンとかエルモとか書かれてますよね。

 

動画の中に出てくる北朝鮮の一般人の方々は表情など至って普通。定期的にミサイルを発射する国の人々とは全く思えません。

やっぱり政府とその国で生活する国民っていうのは別物なんだな、って思いますね〜。

 

北朝鮮の美女

youtu.be

 

「北朝鮮のガソリンスタンドの美女」という動画。

 

昔から朝鮮半島は南より北のほうが綺麗な女性が多いと言われていて、それを裏付ける?ような動画です。女性の好みは人それぞれだと思うので何とも言えませんが、表情の感じは中国人っぽいかな?

少なくともこの動画を撮ったJaka Parkerさんは気に入ったようですw

 

北朝鮮の女性に関してはこちらの記事も参照。

www.nihongodedozo.com

 

北朝鮮であわや大惨事?

 


He hit my car! - Got accident in North Korea

 

「北朝鮮であわや人身事故」という内容の動画。

 

平壌の道路事情は彼が初めて平壌に来た2012年と比べてかなり変わったようです。

車やタクシーが急激に増えて、歩行者がまだそれに慣れていない印象を受けます。車がすぐそこまで来てるのに普通に飛び出してきたり・・。

 

今回の事故もその延長線上に起きたと言える事故で、急に少年が飛び出して来て車に激突します。

 

少年は足を少し負傷している様子。

Jaka parkerさんが「大丈夫か?」と聞くと少年は「大丈夫、大丈夫」と言いどうやら軽傷の様です。

「サイドミラーが壊れたけど弁償できる?」と聞くと「お金持ってないから無理」と言って少年はそのまま立ち去って行きました。

 

結果的に大ごとにならなくて良かったですが、かなりドキドキした様です。

 

北朝鮮にも保険がある


Car Insurance in North Korea

 

「北朝鮮の自動車保険」という動画。上の人身事故になりそうになった動画の続きです。

冒頭に、保険に関して英語で説明があるので訳します。

 

北朝鮮でも車を所有する外国人は自動車保険に入る事を義務付けられています。値段は毎年240ユーロ。そして毎年車検を受けなければなりません。

残念ながら彼の入っている保険では、今回のサイドミラーの破損は保険適用外だと保険会社に言われたそうで、仕方なく修理屋さんに行って自腹で修理してもらう事に。

 

彼が住む外国人用のアパートから修理屋さんまでの光景と、修理屋さんで働く普通の北朝鮮の一般人の姿が収録されています。これも貴重ですね。なんかみんな中国人っぽい。

 

 

北朝鮮に現時点で最も簡単に近づく方法

 

北朝鮮の動画を観てると中には北朝鮮に行ってみたい!って思う方もいますよね。僕もですw

 

北朝鮮はツアーで行けない事もないんですが、費用が20万円超と高額な上に注意事項もたくさんあって簡単には行けません。

中国と北朝鮮の国境沿いに「丹東」と言う北朝鮮が見える事をウリにしてる街もあるんですが、中国は英語も全く通じないし、ちょっとハードル高いですよね。※最後に追記あり

 

でも韓国側からなら、比較的簡単に北朝鮮に最接近する方法があります。ソウルから板門店(軍事境界線)に行くツアーがあるんですよ。

これに参加すればかなり緊迫した南北の軍事境界線を見学する事ができるんです!現地発の日本人向けツアーのリンク貼っときます。

エイチ・アイ・エス板門店ツアー 

 

言っときますがこのツアー本当にすごいですよ!最初に誓約書にサインとか書かされるレベルですw 

 

このツアーに関しては以前ツイッターでも呟きましたね。

 

 

【追記】中国側の丹東から北朝鮮を眺める現地ツアー(日本語対応)も発見したので紹介します。

 

上で紹介した中朝国境の丹東に行くHISのツアーを発見したので紹介します。大連出発。

 

単に川越しに北朝鮮を眺めるだけじゃなくて、遊覧船に乗って北朝鮮に極限まで近づきます。(船では国境線を超えて北朝鮮側ギリギリまで近づく事が許されてるんです)

北朝鮮の街や一般人を至近距離から眺める事が出来ますよ〜。もちろん日本語ツアーガイド付きです。 詳細はリンク先のHISのサイトで。↓

北朝鮮と国境接する街・丹東1泊2日ツアー

 

ちなみに丹東には、部屋から川越しに北朝鮮が見えるホテルなんかもあります。

北朝鮮が見える新安東ホテル - TripAdviser(日付入れなくても詳細見れます)

 

 

北朝鮮関連の記事まだまだあります

 

北朝鮮の街の日常風景、どうでしたか?

 

当サイトには北朝鮮のペットの話から北朝鮮のインターネットの話まで、北朝鮮関連の記事がたくさんあります。

語学系の記事も人気あるので是非読んでみて下さいね〜。

 

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

 

以上、北朝鮮の日常生活風景の話題でした。