日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏で話題の情報を日本語で。どすこいがお送りします。

アメリカの料理が日本人の口に合う、たったひとつの理由

アメリカの砂浜

 

こんにちは、どすこいです。

 

前回に引き続き、またアメリカの話です。1週間も向こうで旅行してたんで、頭の中がアメリカでいっぱいなんです。許してください

 

今回はアメリカの食べ物の話です。

 

 

 

 

 

この1週間、アメリカを旅行して思ったのが、いつも行っているアジアに比べてはるかに旅行がしやすかった事。

海外旅行って、国内を旅行するのと比べて、いくつか不便になる事がありますよね?

言葉の問題とか、スマホの通信の問題とか、食べ物の問題、治安の問題もある。

 

このうち、スマホの通信の問題に関しては前回の記事で書きました。

 

www.nihongodedozo.com

 

日本で契約したiPhoneを大都市だけとは言え、日本国内にいるような感覚で使えたのは非常に便利でした。それだけで旅行の難易度が全く違いましたからね。

 

言葉の問題も、アジアに比べてかなり難易度が低いと思いました。アメリカはご存知の通り英語の国。日本人は英語が苦手な国民ですが、英語が通じない国より通じる国の方が難易度は低いでしょう。

アジアだと英語が通じやすい国でもかなり訛っていたり、通じない人がいたりしますからね。

 

1週間アメリカ各地でいろんな人と話しましたが、アメリカ人は(ニューヨーク以外)フレンドリーに接してくれる人が多く、英語力に難がある人でもハードルは低いんじゃないかと感じました。

 

 

そしてもうひとつアメリカで思ったのが「食べ物の味に違和感がない」という事。

 

アメリカの朝食

 

これ、サウスウェストチーフ号と言う大陸横断鉄道の中で食べた朝ご飯なんですが、外国の食べ物とは思えないほど違和感なく食べれました。なんでかって言うと

味が朝マックのパンケーキとほぼ同じだったからw

 

アジア(台湾以外)だと、現地の料理はほとんどの場合、良くも悪くも日本では味わった事のない味がする事が多いです。

でもアメリカでは、現地の料理はほとんどの場合、日本で小さい頃から何度も食べた事のある味である事が多く、外国の食べ物に興味のない人でも難易度が低い様に思いました。いかに日本に西洋の食文化が入ってきてるか分かりますね。

 

ニューヨークの海鮮料理

 

これはニューヨークの有名な海鮮料理のお店で食べたんですが、左にあるのマックのポテトですよねw 食べてみるとどっちかと言うとロッテリアのポテトに近い味がしました。

ちなみに右にあるのは鳥の唐揚げではなくてカキフライです。見た目が僕の知ってるカキフライじゃなかったのでビックリしましたが、これも非常においしかったです。日本の居酒屋とかで普通に出せると思います。 

 

公式サイト↓

Grand Central Oyster Bar

 

 

 

 

続いてこちら。

 

本場のシカゴピザ

 

これ何だと思います? 実はこれ、本場のシカゴピザです。本場はめちゃくちゃ厚いんですね〜。注文から出てくるまで40分かかります。

さすがにこれは日本では見ないビジュアルだったので驚きましたが、食べると僕らが知ってる普通においしいピザの味でした。具もたくさん入ってておいしかったですよ!ピザも本場の味のまま日本に入ってきてるんですね〜

 

公式サイト↓

giordanos.com

 

 

ニューヨークのまずい日本食

 

これはニューヨークの日本食レストランで食べたんですがダメでした。味がとにかく濃い。

「テリヤキチキン丼」という名前がついてたんですが、テリヤキチキンの下にあったのはなぜかご飯ではなく、大量の千切りキャベツ。「丼」の意味をちゃんと理解していないようでした。

こういう「何かがおかしい日本食」って逆に日本では食べれないものだと思うので、海外に行くと必ず食べるんですがこれはヒドかったですね〜。

 

最後はこれ。

 

ニューヨークのシーザーサラダ

 

ちょっとうまく撮れてないですが、上で紹介したカキフライと一緒に頼んだシーザーサラダです。今回紹介した物の中で一番のオススメですね。

単に「シーザーサラダ」という名前なのに海鮮料理のお店だからか、野菜よりもシーフードの量の方が多いんじゃないかというぐらい、エビやら何やらたくさん入っていて凄かったです。こんなサラダ食べた事ないです。

味も普通に日本で慣れ親しんだシーザーサラダの味。これは本当にオススメです。シーザーサラダもそのままの味で日本に伝わってるとは・・。ニューヨークのグランドセントラルの地下にあるので機会があれば是非行ってみてください。

 

 

中華圏に行くと自分たちがいかに普段から中国語起源の言葉を使っているかを思い知り、アメリカに行くと自分達がいかに普段から西洋の食べ物を食べているかを思い知る。海外旅行ってホント面白いですね。

 

ちなみにこれだけアメリカの料理を絶賛しといてアレなんですが、今回紹介した料理全て

量が半端なかったですw

 

以上、アメリカの食べ物の話でした。