日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の気になる話題を日本語で。どすこいがお送りします。

中国でリアルすぎるスティーブ・ジョブズに遭遇w

大連の高層ビル

こんにちは、どすこいです。

今回は先日、中国・大連に行ったときにみつけた“ありえないモノ”を紹介しようと思います。

中国はよくパクリ天国と言われますが、今回は呆れを通り越してもはや感動するレベルでした。まさか中国の地で死んだはずのジョブズに会えるとは思いませんでしたよ・・

 

目次

 

 

それは中朝国境に向かう途中で起きた

大連駅前の街並み

関空から飛行機に乗ること約3時間。中国の大連にやって来ました。

今回ここに来たのは大連観光が目的じゃなくて、北朝鮮が見える街・丹東に向かう高速鉄道に乗るためです。今のところ丹東に行くには大連から高速鉄道に乗るのが一番便利なんですよ。

 

だから今回、本当は大連の街をウロウロする予定はなかったんです。もちろんジョブズとの出会いなんて想像もしてませんでした。

ところが空港から駅までの移動が、思ったよりはるかにスムーズにできたんですよ。そのおかげで1時間ぐらい時間に余裕が出来たんです。

 

1時間あったら結構まち歩きってできるじゃないですか。だからせっかくだし、大連の街を歩いてみる事にしたんですよ。

 

大連は他の街と雰囲気が違う

大連の友好広場

歩き出してすぐ思ったんですが、大連は今まで行った中国の街(上海・成都・深セン等)と比べて、雰囲気がかなり違います。

中国の大都市ってどこに行っても画一的な街並みというか、似たような雰囲気のとこが多いと思うんです。一階部分がお店になってる団地のような建物がひたすら並んでて、道もだいたい碁盤の目みたいになってて・・みたいな。

大連の変わったデザインのケンタッキー

でも大連は歴史的・地理的な特性が影響してるのか、そういう画一的な印象をあんまり感じないんですね。少なくとも中心部は。

急にこんな変わったデザインのケンタッキーが現れたりとか、路面電車が走ってたりとか、歩いてて楽しい街でした。もっと歩きたかったなぁ〜。

 

そして突然現れたスティーブ・ジョブズ

 

大連の魅力に気づいたのも束の間。電車の時間が迫って来たので、散策をやめて仕方なく高速鉄道の駅に向かう事に。

「大連も旅程の中に入れればよかったなぁ〜」と思いながら駅への道を歩いていると、何やら見覚えのある人影が・・!

大連の店の前に立ってる見覚えのある人形

アップル製品を売ってる店の前に、かなりリアルな何かが立ってます。あの風貌はまさか・・?

スティーブ・ジョブズそっくりの人形

す、スティーブ・ジョブズじゃないですか!!!

ケンタッキーの前にケンタッキーおじさんが立ってるノリで、アップル製品の店の前にジョブズが立ってる!!しかもめっちゃリアル!!なんだこれは!!

 

この距離から見ると一瞬本物の人間に見えませんか?本当に一瞬ドキッとしましたよ。

スティーブ・ジョブズそっくりの人形を近くから見る

この距離で見ると、さすがに手がテカテカしてて人形感でてますが、それでも顔はかなりリアルです。たぶん無許可だと思うんですが、これは感動するレベルですよ・・中国さんすごい。

スティーブ・ジョブズそっくりの人形を違う角度から

少し角度を変えるとこんな感じ。これ店の人が作ったんでしょうか?いろんな所旅してますが、こんなリアルなスティーブ・ジョブズの人形見たことないですよ??

 

 

大連おそるべし!

 

ちなみにこれを発見したとき横を何人か通りかかったんですが、この人形に注目してる人は一人もいませんでした。もしかしたら大連ではこのレベルのスティーブ・ジョブズが店前に立ってるのは日常茶飯事なんでしょうか?

大連おそるべしです。

 

以上、大連で発見したスティーブ・ジョブズ人形の話でした。

 

関連記事まだまだあります!

www.nihongodedozo.com

 

ツイッターもやってます。更新情報とか。

日本語でどうぞ(どすこい) (@nihongode_dozo) on Twitter