日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏で話題の情報を日本語で。どすこいがお送りします。

シンガポールのYoutuber動画が英語学習にピッタリだと思う理由

マーライオン


 

今回はシンガポールのYoutuber動画が意外と英語学習にちょうどいい!っていう話。


これまで語学系の記事はほとんど極端な話だったと思うんですが、今回もまあまあ極端な話です。

もう題名の時点で「は?」ってなってる人もいるかもしれません。まぁちょっと聞いてくださいよ。

 

 


 

よく英語の学習方法の話になった時に「英語を習得する一番いい方法はネイティブの恋人を作る事だ」って言いますよね。

 

これって「いい方法」なだけじゃなくて、英語を学ぶ「いい目的」にもなってると思うんですよ。しかも人間の三大欲求のひとつ「性欲」まで絡んでる。←これ重要

 

英語はツールなので、使う目的がないと学習も止まってしまうんですよね。「世界共通語だから」「なんかカッコいいから」っていう理由だけでは絶対続きません。

でも英語ネイティブの恋人を作るのって難しいです。誰にでもできる事ではないです。(男性は特にハードルが高い)リア充っていいなぁ〜。

 

じゃあ非リア充はどうすればいいのか?英語学習を効率よくやるのはリア充にしか出来ない特権なのか?

 

いや、まだ方法があります。英語圏のどこかの国のエンタメを好きになる事です。映画とかドラマ、あと最近はYoutuberも人気です。日本で人気のものはほとんどアメリカのエンタメですよね。

 

でもここにも問題があります。アメリカのメジャーな映画とかドラマってだいたい日本語版があるんですよ。

もちろん日本語版があるものを英語で観るのも学習法としてはいいんですが、英語をやる「目的」にはならないですよね。あくまで「方法」。だからやめてしまう。

 

あと女性はいいんですが、日本人男性って白人や黒人女性に興味ない人多くないですか?

見た目は日本人に似てれば似てるほどいい。そう言う人はますます英語習得への意欲が高まらないですよね。(僕もです)

上でも述べたように、語学は性欲を絡ませた方が絶対いいんですよ。三大欲求を舐めちゃいけません。

 

そんな英語と絶望的に相性の悪い皆さんに、僕からオススメしたいものがあります。

 

シンガポールのYoutuberの動画です。

 

シンガポールのビル群

 

シンガポールのYoutuber達が話す英語とは

 

「シンガポールってめちゃくちゃ訛った英語が話されている国だよね?そんな英語ずっと聴いてたら訛った英語が身についちゃうでしょ!バカじゃないの!?」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

確かにシンガポールには「シングリッシュ」と呼ばれるかなり独特な英語が存在しています。
人によって訛り具合は異なるんですが、究極に鈍ってる人は中国語やマレー語の影響が入りすぎて、もはや別言語みたいになってる人もいます。シンガポールのYoutuber達も例に漏れずかなり訛った英語を話します。

 

普通はそんな特殊な英語を学習に使ったりはしません。僕もそう思ってました。でもこの前試しにシンガポールのYoutuberの動画を観たら、結構色々なメリットがある事に気がついたんです。説明しますね。

 

※シンガポール英語のメリットの説明はいいからすぐ動画観たい!って方、下までスクロールして下さい。

 

メリットその1:使う単語が究極にシンプルで理解しやすい

 

よくアメリカ英語はイギリス英語に比べるとかなり簡略化されていて、難しい単語をあまり使わないと言われますが、シンガポール英語はそれのさらに上をいっています。

難しい単語が究極に少ないんです。だから中級ぐらいの人でもかなり理解しやすいと思います。

 

ただ上でも書いたように発音はかなり独特です。驚くほど訛ってます。
でも彼らもそれを分かってるようで、他の英語圏の人が観ても理解出来るように英語の字幕が入ってる動画が多いんですよね。だからそれを見ればちゃんと理解できます。
中国語やマレー語由来の単語も動画の中ではかなり少なめで、スルーしても問題ないレベル。

 

あと海外旅行によく行く人なら分かると思うんですが、海外で現地の人が話す英語って訛ってることが多いですよね。

英会話スクールのネイティブ講師が話すようなキレイな英語に出会う事ってホントに稀だと思います。特に非英語圏では。

 

シンガポールのYoutuber達が話す英語って、海外でよく出会う訛った英語そのものなんですよ。そう考えると彼らの英語は「変な英語」とは言い切れないんですよね。
むしろ国際語としての英語を習得したいのなら、シンガポール英語はむしろいい教材だと思うんです。

 

ずっと観てるとだんだん聴き取れるようになりますからね。シンガポール英語が聞き取れるって事は、訛った英語への耐性がつくって事に繋がるんですよ!


メリットその2:アメリカよりも笑いのツボとか感覚が日本に近い(気がする)

 

これは好みの問題もあるので一概には言えないんですが、シンガポールのYouTuberの動画は、アメリカのYouTuberの動画に比べると、笑いのツボとかノリ的なものが日本のノリに若干近い気がします。

 

シンガポールは同じアジアだし、人種は様々ですが中華系が多いので見た目も近いし親近感を感じるのかもしれません。

アメリカはとにかく大きな声で大騒ぎすればそれでいい!みたいなノリありません?僕はアジアのノリの方が好きですね〜(アジアにもバカ騒ぎチャンネルはありますが)

 

あとこれも好みの問題ですが、日本人男性は白人女性より日本人女性の方が好きって人多いですよね?シンガポールの中華系の女性は台湾ほどではないですが、日本人に見た目は近いですよね。
人によってはその辺もポイント高いと思います。

 

それではシンガポールのYoutuberの動画を観てみましょう


って事でメリットの説明はこれぐらいにして実際に観てみましょうか。

 

※マレーシアのYoutuberも内容的にほぼ同じなので紹介します。

 

まず初めに紹介するのはシンガポールのWah! Bananaという人達の動画。コント的な動画をたくさんアップしている10人ぐらいのグループ。

 

彼女に別れようって言いたいけどなかなか難しい!っていう内容。動画の一番最後にえっ?ってなるようなオチもあります。

 

youtu.be

 

どうですか難しい単語一切ないでしょ?国際語ってこれぐらい単純であるべきだと思うんですよ。いや、まぁめっちゃ訛ってますけどね。

 

中盤あたりで彼氏が「別れる」っていう意味でBreakと言ったんですが

彼女はそれを「気分転換」みたいな意味でとって「そうそうBreakしたいのよ〜、どこ行く?韓国?モルディブ?」って言ってるのが可愛いです。

 

 

 

次はマレーシアのTheMingThingという人達の動画。

 

マレーシアのYoutuberは「準シンガポール」と言えるぐらい、人種的にも言語的にもシンガポールのそれと全く見分けがつきません。元々同じ国ですしね。

 

この動画は彼女が色々質問してきて、どう答えても結局彼女が怒ってしまう・・みたいな内容。彼女役の人、結構日本人好みだと思うんですがどうでしょうか。

 

youtu.be

 

最後まで難しい単語一切なし。訛りもだいぶマシな気がします。っていうかこの女の人可愛い。ちなみにこのチャンネルは感動系の動画もあるのでチェックしてみて下さいね。

 

次はシンガポールで大人気のJian Hao Tanという人のチャンネル。

 

「あったら嬉しい9つの超能力」みたいな内容。最初に出てくる女性はJian Hao Tanのリアル彼女です。

 

youtu.be

 

中盤に出てくる犬が可愛すぎるw 最後のタイムマシーンの下りはJian Hao Tanの事をあまり知らない人には理解しずらいかもしれません。彼の英語も比較的聞き取りやすいほうだと思います。

 

最後はまたマレーシア。JinnyboyTVという人達のチャンネルです。

「キャビンアテンダントって大変なんだよ!」っていう内容の動画。Air asiaとのコラボで本物の飛行機&制服で撮影してます。これもかなり面白いです。

 

youtu.be

 

最初に出てくる人めちゃくちゃ早口な上に訛りまくってますが、おれの席だ!窓際がいいんだ!ってずっと言ってます。最後変わり身早いですがw

 

あと後半のトイレ掃除誰がやる?っていうのを決める時に「ラッタリラッタ・リ・タ・ポン!」ってやってるの興味深いですね。マレーシアのグーパーじゃんけんみたいなものでしょうか?

 

シンガポール人とマレーシア人は見分けがつかない

 

どうでしたか?シンガポールって題名に書いたのに紹介した動画の半分はマレーシアになっちゃいましたね。スイマセン

 

実は言うと上の2つがマレーシアっていうの、この記事を書くにあたって調べてる時に初めて知ったんですw それぐらい見分けが付かないんですよ〜。

実際現地に旅行に行くと全然雰囲気違うんですけどね。シンガポールとマレーシア。

 

マレーシアの路地

マレーシアの路地。シンガポールとは違ってちゃんとゴミが落ちてます。

 

また誰も共感してくれなさそうな記事書いちゃったなぁ。この記事をキッカケに英語の学習を再開する人が一人でもいれば嬉しいです。

 

以上、シンガポール(とその隣国)の英語の話題でした。

 

英語に関してはこんな記事も書いてます

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com