日本語でどうぞ

英語圏や中国語圏の気になる話題を日本語で。どすこいがお送りします。

北朝鮮レストランで冷麺食べたらいろいろ最悪だった件

ラオスの北朝鮮レストラン遠景

ラオスの北朝鮮レストラン

 

今回はラオスの北朝鮮レストランに行った時の話。

 

北朝鮮レストランは、外貨を稼ぐために北朝鮮が海外で運営しているレストランで、ラオス、タイ、中国、ロシア等にあります。

数少ない“北朝鮮人と触れ合える場”として有名ですね。

 

去年その中のひとつ、ラオスの北朝鮮レストランに行ってきたので、どんな感じだったのか紹介しようと思います。

アジア最貧国と言われるラオスの様子もあわせて紹介します。

 

※2017年後半ごろから、各国の北朝鮮レストランがどんどん閉鎖されてるようです。今回紹介する所も閉鎖されてる可能性があるので、行く場合は要注意。 

 

 

目次

 

タイから列車に乗っていざラオスへ

 

タイのウドンターニー駅

 

今回ラオスへは、タイのウドンターニーという街から日帰りで行ってきました。

 

北朝鮮レストランがあるラオスの首都・ビエンチャンは、タイの東北地方からかなり近い所にあります。だから日帰りで行けるんですね。

普通ウドンターニーからラオスへはバスで行くんですが、せっかくなので列車に乗って国境を目指す事にしました。

 

列車は定刻より15分ほど遅れて到着。タイ的には「ほぼ定刻」ですかね。

 

タイの国鉄車窓

 

車窓はひたすらこんな感じ。たまに集落みたいなのがあります。気分は完全に「世界の車窓から」。

1時間ぐらい乗ったんですがアッと言う間でした。

 

ノンカーイ駅

 

国境の街・ノンカーイに到着。ここからタイ名物トゥクトゥクに乗って国境の建物へ。

 

タイとラオスの国境

 

荒い運転のトゥクトゥクに揺られること約5分。国境の建物に到着。

日本人はビザなしで入国できるので、書類をちゃんと書けば普通に通過できます。

 

そしてラオスに到着

 

ビエンチャン

 

そこからさらにバスに乗って1時間。ついにラオスの首都・ビエンチャンに到着。

ラオスはアジアでもっとも貧しい国と言われてるんですが、そんな感じは全然しません。みんなニコニコして楽しそう。

 

ここまで来れば北朝鮮レストランはすぐそこ。テンション上がってきました!

 

ビエンチャンの凱旋門

 

北朝鮮レストランに行く前にちょっと寄り道して、ビエンチャン名物・凱旋門へ。

 

凱旋門と言えば平壌にもありますよね〜。ラオスは元社会主義国だったり、経済的に貧しかったり等、北朝鮮と共通点が多いんですよ。仲もいいです。

 

北朝鮮レストランがあるのもそういう縁かもしれないですね。

 

ラオスの道

 

北朝鮮レストランは凱旋門から歩いて行ける所にあります。

 

こんな感じ↑の道をひたすら歩いて行くと・・

 

北朝鮮レストランを遠くから眺める

 

出た〜!!!北朝鮮レストラン!

 

念願の北朝鮮レストランに潜入 

 

ラオスの北朝鮮レストラン外観

 

ラオスの街に突然現れる、北朝鮮っぽい字体のハングル。いや〜鳥肌が立ちますね。

 

このハングルは「平壌食堂」って書いてます。店の中は外から全く見えないようになっていて、かなり怪しい雰囲気。好奇心をそそります。

 

写真右の真っ黒なトビラを恐る恐るあけてみると・・?

 

北朝鮮レストラン内部

 

中はこんな感じ。北朝鮮人の女性が二人奥から出てきて出迎えてくれました。

 

笑顔でイスをひいてくれて「こちらへどうぞ」的なジェスチャーで案内されます。

 

北朝鮮レストランの豪華なメニュー

 

テーブルの上にはこんな豪華なメニューも書いてありましたが、北朝鮮といえば平壌冷麺だろうという事で冷麺を注文。

「イゴ ジュセヨ」と韓国語で言ったら通じました。

 

ちなみに150000Kipって高額なように見えますが、日本円にすると1500円です。この内容で1500円ならむしろ安いですよね。 

 

北朝鮮レストランの女性

 

待ってるあいだ店内を観察します。 写真に写ってる女性が北朝鮮人の店員さんですね。ニッコリ笑うと可愛いんですよ。

一見スマホか何かを触ってるようにも見えますが、写真を見てるだけでした。やっぱり海外にいてもネットの使用は禁止されてるんでしょうか。

 

そして待つこと10分弱。冷麺が運ばれてきました。 

 

初めて食べる北朝鮮料理の味

 

北朝鮮レストランの冷麺

 

ま・・まずそう・・。

 

こんな不味そうな冷麺みたことないです。なんか麺がオニギリみたいな形状で固まってて食べにくいし、とにかく黒い。

 

麺の上に乗ってる具の中に“赤い何か”が見えてるの分かりますか?

具を崩すとこの赤い何か(多分コチュジャン)がスープに広がって、黒さはマシになるんですが、それでも不味そうな見た目は変わらずでした。

 

一緒にマスタードとお酢も運ばれて来たので「これを入れれば美味しくなるはず!」と思って入れたんですが、何やっても不味かったです。

 

ラオスのあまりの暑さに疲れ果ててたところに、北朝鮮からの痛恨の一撃。

HPが完全にゼロになったのでタイに帰る事にしました・・w

 

 

ネットでは「美味しかった」という声も

 

ここまで北朝鮮の冷麺をボロカス言ってきましたが、他の北朝鮮レストランに行った人達のブログを見てみると「味は美味しかった」って言ってる人も結構いるんですよ。

 

僕が食べたのは冷麺だけなので、もしかしたら他の料理は結構おいしいのかもしれません。リベンジしたいなぁ〜。

 

まぁでも北朝鮮レストランは数少ない“北朝鮮人と触れ合える場所”なのは間違いないので、冷麺の味以外はオススメです。

冒頭でも言ったとおり、どんどん閉鎖されてるみたいなので、存続を確認した上で是非行ってみてくださいね〜。 

 

ラオスの北朝鮮レストランに行く際は・・

 

ちなみにラオスの暑さと不味い平壌冷麺でHPがゼロになった僕でしたが、タイのホテルに戻ったら一気にHPが回復しました。

ホテルのチェックインの時に受付の人が「屋上に行くと一杯無料でドリンクが飲めるよ〜」って言ってたのを思い出して、屋上に行ってみたんです。

 

すると・・

 

ウドンターニーのホテルの屋上

 

なんだこの優雅な屋上は!!

 

ここのホテル2000円台から泊まれるんですよ?(時期にもよりますが)

ヤバいですよね。これ2000円台の景色じゃないですよ。少なくともバンコクではこうはいかないと思います。

 

ここのホテル本当オススメなので、北朝鮮レストランに日帰りで行く際は泊まってみてください!

カビンブリ グリーン ホテル (Kavinburi Green Hotel) - アゴダ

 

以上、北朝鮮レストランの話でした。 

 

関連記事まだまだあります

 

www.nihongodedozo.com

www.nihongodedozo.com

 

ツイッターもやってるのでぜひ。

日本語でどうぞ(どすこい) (@nihongode_dozo) on Twitter